家族でアメリカ西海岸へ旅行へ行ったとき、サンフランシスコで出会ったブレッドボウルです。

夕方、サンフランシスコに到着して、おなかがすいたのでレストランをフィッシャーマンズワーフで探していたら、呼び込みのおじさんに誘われ、店内に入りました。

 

レストラン「フィッシャーマンズ・グロット」
レストラン「フィッシャーマンズ・グロット」

 

テーブルを案内されて、「何かお勧めは?」と聞いたら、勧められたのが、クラムチャウダーのブレットボウルでした。

ブレッドボウル??

聞いたことがなかったのですが、サンフランシスコの名物ということなのでオーダーしてみました。

しばらく待つとブレッドボウルが出されました。

でかっ!

 

ブレッドボウル
クラムチャウダーのブレッドボウル

 

パンが器になっていました。

--- スポンサー広告 ---

 

アメリカの食事は、たいてい量が多く一人では食べきれないほどですが、これもデカかったですね。

ブレッドボウルは、サンフランシスコで採取された天然酵母で発酵させたサワードウと言われるパンを器にしています。

パンは、サワーと名前がついているとおり、ちょっと酸っぱい系のもちもちしたパンです。

サンフランシスコのブレッドボウルで有名なのが、1849年創業のボーディン(Boudin)です。

この創業者は、サンフランシスコで全粒粉や小麦粉で発酵していないパン生地を作りそれを外気にさらして天然酵母を集めて発酵させ天然酵母の種を作ったそうです。

天然酵母は、その地域によって風味が違うので、サンフランシスコの天然酵母は酸っぱくなったのでしょう。

 

フィッシャーマンズワーフからの景色
フィッシャーマンズワーフからの景色

 

次の日のお昼頃、再度、フィッシャーマンズワーフへ行くと、レストランの店頭で食べ物を買って外で立ち食いしている人が多く、昨晩食べたクラムチャウダーのブレッドボウルをかぶりついている人もいました。

レストランでは、フォークとナイフ、屋外ではそれぞれの食べ方で。

リベラルなサンフランシスコでした。

 

こむぎBKのブレッドボウル

こむぎのベーカリーキッチンでは、天然酵母と国産小麦のカンパーニュを器にしたブレッドボウルに手作り特製ナゲットお付けした「パンのお弁当」仕様でご提供しています。

 

ブレッドボウルのお弁当仕様
クラムチャウダーブレッドボウルのお弁当仕様

 

ブレッドボウルの王道「クラムチャウダー」、ピリッと刺激的な「カレー」、酸味の効いた爽やかなトマトソースの「ハンバーグ」の3種類をご用意しています。

会合、イベントなど、いかがでしょうか。

--- スポンサー広告 ---